2猫娘&猫親子~あみなな家の一日~

スコ「あみ」アメショ「なな」MIX「エマ」「ノア」の ゆる~い一日

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ななの5日間


昨日、親方と私と私の妹で
ななを送ってきました

20150406120736fdc.jpg


ななは小さくなってしまいました

自分の中で区切りをつけるためにも
ななのことを覚えておくためにも
4月3日までを5日前のことから
順に残しておこうと思います


もともと経鼻カテーテルは
肝臓のこれ以上のダメージから
守りたいと、肝臓が復活すれば
また抗ガン剤治療をして
寛解に持ち込めるかもしれないと思って
先生にお願いしたものでした




■3月30日月曜日

肝臓の検査結果から
もう、元の肝臓に戻ることは
たぶん出来ないだろうという話がありました

であれば、私は
経鼻カテーテルは今度取り替える時
そこで外してほしいと
お願いしようと思いました

カテーテルの他にもエリカラで過ごすななが
あまりにも不憫でしたから

一度、カテーテルが外れてしまった時
先生は一晩付けずに
帰してくれたことがありました

治療治療と追い込む先生ではなく
ななの気持ちや
私たちの気持ちも考えてくださる先生なので
きっと受け入れてくださると思いました

木曜日午後に出張から帰る先生に
お話ししようと思いました



■3月31日火曜日

出来る限りの胸水を抜いてもらい
午後は休診でしたので
別の獣医さんに
痛み止めを打ってもらう手はずが
整っていました

とてもひどい下痢で
薬などの指示が欲しかった私は
留守電になっていた病院の電話に
メッセージを入れておきました

一度病院を出て、また戻ったらしく
先生が留守電に気づいて
電話をくださいました

痛み止めを打ってもらう先生に
下痢止めをもらってくださいとのこと、
それと非常事態での連絡ツールを
頂くことになりました

その時、今度病院にななを連れて行く時は
カテーテルを一日でも良いから
外してやってほしいと言おうとしましたが
こういう非常事態時の連絡ツールを
頂くことが出来て、安心したのもあり
涙が出てきて詰まってしまい
「大丈夫ですか?」という先生に
「はい、大丈夫です」としか
答えられませんでした


■4月1日水曜日

病院休診日

朝、夜と往診専門の先生に
痛み止めを打ってもらいに
来ていただきました

その時呼吸が速くなっていたので
酸素テントをレンタルした方が良いと
言われ、主治医の先生に連絡し
翌日病院でパンフレットもらい
レンタル会社に連絡を取り
すぐに持ってきてもらうことになりました

気分も良くなさそうで
ミルクも飲ませられそうになかったので
足りない分は糖分を取らせること
(5%の砂糖水を作って3mlを2回)と
主治医の先生に指示をもらいました




■4月2日木曜日

いつものようにいつもの一日が終わって、
次の日金曜日が始まって
また、病院へ行って
痛み止めや、胸水の抜去などの
処置をしてもらうんだろうと思っていました



先生は出張で午後からの診察で、
ななはすでに午前中から病院に居ました

前日の私とのやり取りで
ずいぶんななを心配しながら
病院にいらしたようでした

帰り際に
思ったよりも表情が良く
安心したとおっしゃっていました

今思うと、優しいななは
先生に最期の姿を
心配掛けないように
元気にふるまっていたとしか思えません




胸水を抜いて、痛み止めも打って
ミルクも飲ませてもらって
帰ってきました

夜9時はいつも痛み止めの効きが
一番良い状態なのか、
結構飲める時でしたが
この時は吐いてしまい
なんだかいつもと違うと感じました

日付変わって

■4月3日金曜日

12時に吐き気止めを飲ませ
2時間経ったらミルクを少しずつ
飲ませようと、私は起きていました

その間ななは
何度も寝る場所を替えていました

いくつか置いてあった座布団だったり
私の布団だったり

苦しくて、寝場所を替えれば
治るかもしれないと思って
動いていたのかもしれません

それは、体力も無く
胸水がたまっているななにとっては
大変体力を使うことでした

この時の呼吸数は1分間に
37回
普通は20~30といいますから
多い方でした

病院を出る時に一度、
夜10時にもおしっこをしたのに
めずらしく2時にまた行きました

呼吸数は32回に減っていましたが
よだれが出ていたので
気持ち悪いんだと判断して
ミルクを中止しました

それでも、9時に吐いてしまって
12時にも飲ませられなかったので
脱水症状を心配し、
20mlのうち、2mlずつ10分ごとに
様子を見ながら注入しました

それが2時半からで
5回目をと思った時、

呼吸が見た目にも速く
43回に増えていました

酸素!

酸素を吸わそう
ボックスにためている時間は無い!

ボックスに酸素をためて
入れてやる方法ではなく
口もとに持ってくるやり方、
どれくらい離せばいいんだろう?

6センチ以内って書いてある
あまりに近いのも
高濃度の酸素で怖いので
5~6センチくらいで
あてました

ここのところ、
横になったことがなかった(苦しいらしい)
ななが寝転んで、
人間が伸びをするときに言うような
んっ、という声を出しました

この時、3時20分くらいでした

私はこの体勢になったななに不安を感じ
親方を呼びに行きました

駆けつけた親方と
酸素を当てながら、どうしたらいいの?
今、どんな状態なの?と
うろたえました

時々ぴくんとしゃっくりのような
感じのものがありました

この時間に主治医の先生には
電話はかけられない…

往診の先生のパンフレットに
時間外特別診察料0時~6時というのがあって
それは本当は予約してその時間を
取らなければいけないのですが
電話してしてしまいました

状況を説明すると
たぶんもう、川の向こうのお花畑の中に居て
意識はもう無いから苦しくないんですよ

見ているとぴくんとしたりして
苦しそうに見えるかもしれませんが
脳内には幸せホルモンが溢れていて
楽しかったことばかり巡っているはずです、と

呼吸をしていない?
止まってる!

もちろん私たちで蘇生なんて出来ませんし
しないで楽なまま送ってあげた方が
良いと思いました

まだまだ温かいし
呼吸はしていなくても心臓は?
わからない…
そんなことを話しながら
ななを優しくさすって時間を過ごしました

エリカラを外し
イチゴちゃんを枕にして寝かせ
お気に入りだったベッドに
移してやりました

朝8時半の病院の受付開始時間に
電話をかけ、亡くなったことと
カテーテルを抜いてほしいこと、
先生にご挨拶をしたい旨を伝え
病院へ連れて行きました

いつもの看護師さんが
「ななちゃん…
かたくなっちゃったね」
と手を握ってくれました

先生がカテーテルを外し、
櫛で毛を整えてくれました


亡くなる直前の様子を話すと
そこまで苦しまずに亡くなるのは
あまりいないようなお話でした

酸素をあててあげられたのが
良かったということでした

先生にお礼を言って
ななを連れて帰りました

いい子だったななは
実にたくさんの偶然?いえ
必然だったのか、を残してくれました

本当はそれが書きたかったことなのですが

それはまた
次の機会にしたいと思います



20150406121422558.jpg

<この場をお借りして>

インスタグラムやフェイスブック
タイムライン、ブログに
たくさんのコメントを頂きましたこと
本当に感謝いたしております
ありがとうございました
時間をかけておひとりずつ
お返事をさせていただきたいと思います


nanapochi amipochi

コメント欄を “認証後公開” にさせて戴いております
moblog_4aec69d0.gif
申し訳ございませんが、コメントをいただいても
すぐに公開されない事もあります

aminana091014.jpg
2猫娘~あみななの一日~

テーマ:猫…多頭飼い - ジャンル:ペット

コメント

こんばんは

ののてんのたけこです。ご無沙汰していました。ノアちゃんとエマちゃんを家族にお迎えしたのですね。エマちゃんはななちゃんに似てる感じがしますね。クロネコちゃんは憧れです。親子の対面、今どう過ごされているのかなぁ~~~。あみちゃんもきっと受け入れてくれる日がくるでしょう。お友達ができてさみしくないですね。すみませんいただいたアドレスにメールを書いてみたのですが戻ってきてしまい・・・たぶん私が写し間違えたのかな。
これからもかわいいにゃんずさんの様子見させてくださいねっ。

鍵コメさん、ありがとうございました。
ななは、最期まで頑張ってくれました。トイレも
自力で行けました。
カテーテルやエリカラは可哀そうだったけど
トイレに自力で行けたのはミルクのおかげだと思います。
強く、カッコイイななでした。

卯月さん、ありがとうございました。
ななは本当に我慢強く、辛い治療も
受け入れて頑張ってくれる子でした。
それだけに最期は辛いことばかりだったかも
しれませんが、痛み止めを打った後は
少し楽そうにしていました。
よく、生前の写真は辛くて見られない方の話を
聞いていましたが、私はどんどん見ています。
どの部屋にもななが居る感じです。

ミカさん、ありがとうございます。
ななは、あみなな家の接待部長でしたからね。
一度いらした方は忘れませんでしたし、
初めての方も荷物の匂いを嗅がせてもらって
仲良くなっていました。
往診の先生にも初めてだったのに可愛がっていただいて
明け方の電話をかけるのに、勇気を出させてもらいました。

ニャンニーズさん
ななのために涙を流してくださって
ありがとうございます。
いつも翌日、先生にななの様子を話したかったので
iPhoneでメモを記録していました。
後で逝ってしまう少し前にトイレに自力で
行ってたんだ…なんて確かめたりして。
辛かったですけど、書いて良かったと思っています。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ななちゃんいっぱい頑張ったね

ふ~みんさん、親方さん
どんな言葉をおくってよいのか解りませんが
優しく忍耐つよくななちゃんを見守って・・・
ななちゃんは安らかなお顔で旅立っていかれたんですね

虹の橋の向こうで元気に駈け回っているんでしょうね
ご冥福をお祈りいたします

ななちゃんとの最後の思い出を書き留めて下さり、ありがとうございます。
ななちゃんが頑張った姿、ふ〜みんさん親方さんに見守られた姿を目に浮かべ、
私も浪だが止まりませんでした。
以前遊びに行ったとき、私たちお客さんの顔をクリクリの目で、
ひとりひとり覗き込むように挨拶してくれたななちゃんを、
今でも昨日のように思い出します。

きっとあの可愛らしい顔で、病院の先生や看護婦さん達にも、
愛されていたんでしょうね。
また偶然おきた必然的な思い出のお話しも、お時間あるときにぜひ聞かせて下さい。

🙏

ななちゃんの最後の時を詳しく書いて下さって有難うございます。涙が止まりません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。